現物取引(EFP)

現物取引(EFP)


現物取引(EFP)とは、個別株先物(SSF)を買うことによって株式を売りその株式の先物を買う取引、または株式を買いそのSSFを売る取引のことです。


EFPでは個別株先物(SSF)のロング・ショートポジションのスワップにより二本のレッグをEFP取引として統合することが可能です。SSFには複数のマーケット参加者によって競合的に想定されている価格に組み込まれている金利があります。デットマーケットのレポやリバース・レポのように、EFPは安価で効果的な投資手段となっています。


  • EFPでは証拠金で株式のロングポジションを保有している場合、株式を売って、証拠金比率より低いプレミアムで先渡取引を行えるため、借入費用を削減することが可能です。
  • 株式をショートしている場合、空売りによってクレジットバランスに金利を受け取りますが、この金利は、SSFを売ってショートしている株式の買い戻しを行うことによって受け取るプレミアムより低くなります。
  • 口座内に現金超過があり、さらに高いリターンを希望の場合、現金から発生する金利より高いプレミアムを株式の売却と先渡しでの売却で得ることが可能です。
  • レバレッジの増加:SSFの証拠金率は20%となっております。
  • 下げ局面でのSSFショートポジションの売却可能

先物を保有する場合、証拠金が必要となります。証拠金は原資産株式価格の20%となり、IBでは全てのSSFの証拠金の金利を支払います。

全てのSSFはAAA格付けの会社、Option Clearing Corporationを通じて決済され、インプライド・インタレストより得られる金利をその他の金利より安全にします。IBでは年次でEFPの配当金(ネット)のスプレッドを表示し、ブローカーの金利と比較しやすいようにしています。




リスク

先物取引はすべてのお客様に適応する取引ではありません。損失額が当初の投資額を上回ることもあります。先物取引を開始する前に先物取引のリスクについての開示書をお読みください。




株式ロングポジション比較

Microsoft、1株のロングポジションを25%の株式価格で証拠金として60日間保有するか、EFPで株式を売りSSFを買う。

株式のロングポジション
現物取引(EFP) 75%レバレッジの借入コスト75%1 x $26.96 x 8% x (60/365)1 = $-0.06
- 現物取引(EFP)期間中の配当金受取$0.09
現物取引(EFP) 株式借入費用合計$-0.125

EFPの購入
現物取引(EFP) 2ヶ月間のEFPの収入$-0.17 (60日以内に満期)
-現物取引(EFP)マージン・バランスの利子収入25%1 x $26.96 x 45% x (60/365)1 = $0.05
-現物取引(EFP)約定代金 = $-0.005
= 現物取引(EFP)EFP借入費用合計$-0.125
株式あたり$0.055の値引き

1 借入 % • 20% SSF要求 + 5% 株式売却による現金超過 •
金利支払い• % (年次)


60日間の保有後、Microsoftの株式は各シナリオ下で保有されます。EFPによって株式保有の代わりにSSFの購入することによって得られる$0.055の費用削減は株式保有に発生する費用より圧倒的に安くなります。




株式ショートポジション比較

Microsoft、1株のショートポジションを30%の株式価格で証拠金として60日間保有するか、EFPで株式を買い、SSFを売る。

ショート株式の保有
現物取引(EFP) ショートポジションの金利支払い通常は支払われません
+ 現物取引(EFP)マージン・バランスの利子収入30%1 x $26.95 x 45% x (60/365)1 = $0.06
+ 現物取引(EFP)配当金支払い相当額$-0.09
= 現物取引(EFP)株式借入費用合計$-0.03

EFPの売り
現物取引(EFP) 2ヶ月間のEFPの収入$0.11 (60日以内に満期)
+ 現物取引(EFP)マージン・バランスの利子収入30%1 x $26.95 x 45% x (60/365)1 = $0.06
- 現物取引(EFP)約定代金 =$-0.005
= 現物取引(EFP)EFP借入費用合計$0.165
一銘柄ごとに$0.195収入

1 借入 % • 20% SSF要求 + 10% 株式売却による現金超過 •
金利支払い• % (年次)


60日間後、Microsoftの株式は各シナリオ下でショートポジションが建てられます。EFPによって株式のショートポジションの代わりにSSFを売ることによって得られる$0.195の費用削減は、株式のショートポジションから発生する費用より圧倒的に安くなります。