GTC(Good-Til-Canceled)注文

GTC(Good-Til-Canceled)の有効期限を利用する注文タイプは、注文が約定またはキャンセルされるまで有効であり続けます 1。ほとんどの資産クラスに対し現行の取引価格より低いビッドや高いオファーを入力できるため、同じプロセスを毎日繰り返すことなく、約定待ちの注文を何ヶ月も前に発注することができます。GTC注文タイプを利用すると、 どのレベルで市場に参加し、また出るかを事前に指定しておくことができます。 一般的にGTC注文は2以下の状況が発生した際にはキャンセルされます:

  • コーポレートアクションの結果、株式分割、 株の取引または分配になった場合。
  • レートが前日終値の3%を超える配当金が発行された場合。
  • お客様が口座に90日間ログインされなかった場合。
  • 現在の四半期に続く次の暦四半期の終わり。例えば2011年の第3四半期の間に発注された注文は、2011年の第4四半期の終わりにはキャンセルされます。最終日が取引日でない場合、キャンセルはその四半期最後の取引日の終了時間に行われます。例として四半期の最終日が日曜日にあたる場合、注文はこの日曜日の前の金曜日にキャンセルされます。
  • 変更のあった注文には、現在の四半期に続く暦四半期の終わりと一致する新規の「自動満期」日が割り当てられます。
取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
債券 米国商品 スマート アトリビューション
CFD 米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
EFP 注文有効期限
Forex
先物
先物オプション
オプション
株式
ワラント債
利用可能な取引所を確認する|ユーザーガイドを開く

モザイクを使用したGTC注文タイプのショートビデオ



その他のショートビデオはIBショートビデオ、コース&ツアーをご覧ください

モザイク例

注文タイプの詳細 – GTC(Good-Til-Canceled)注文

ここでは16.04/05でクオートされる、ティッカーシンボルFの既存のロング・ポジション7,250株を保有しているとします。この株式の現行価格を上回る価格で全ポジションを売る指値注文を作成しておきたいとします注文にGTCを条件として付けることにより、この注文が事前設定しておくレベルで最終的に約定することを願いつつ、約定待ちの状態で市場に残しておくことができます。
利点は注文が希望のレベルに達するまで毎日発注する必要がないということです。

仮定
SELL
数量 7,250
注文タイプ LMT
市場価格 16.05
指値価格 16.53
注文有効期限 GTC
チャート – ティッカーシンボルFのGTC注文の入力
モザイクでのGTC(Good-Til-Canceled)注文

SELLボタンをクリックし、ティッカーFの株を売る注文チケットの作成をします。 背景が赤に変わり売り注文の手配中であることが表示されます。BUYボタンをクリックすると、背景は青に変わります。ポートフォリオ・ウィンドウ内やリンクされているその他のウィンドウからティッカーをクリックすると、注文入力パネルに株式が自動的に表示されます。数量欄には該当株式のデフォルトの値が表示されますが、 値の欄をクリックしてポップアップから選択することにより変更することができます。またはこの欄にご希望の数量を入力することもできます。売却数量を入力するか、ポジションボタンをクリックしてポートフォリオ内のF株をすべてを売却することができます。このボタンをクリックすることにより、数量欄に全ポジションが売却用に反映されます。次に有効期限の入力欄ボタンからLMTを選択し、 指値価格を設定して株の売却ができるようにします。

価格入力の欄をクリックし、指値価格を変更します。この例で入力されている価格$16.53は最良気配および日次の取引幅をはるかに上回っているため、この取引セッション中に約定する可能性は低いと思われます。

有効期限を選択するボックスよりGTCを選び、 注文が約定するまで確実に有効であり続けるようにします。必要なボックスにチェックを入れることにより、通常取引時間(RTH)以外の時間にも注文が有効であるように指定し、開始時間前に約定するように設定することもできます。これでティッカーFで7,250株 が各株$16.53に達したら売却する注文の用意ができました。送信ボタンをクリックして取引の発注をします。注文は約定するかユーザーによってキャンセルされるまで有効であり続けます。

TWS例

GTC注文

注文タイプの詳細 - GTC注文

ステップ 1 – GTC指値注文の入力

GTCの有効期限を利用する注文タイプは、注文が約定またはキャンセルされるまで有効であり続けます。この例では現在6月1日月曜日であり、127.38のXYZの株を100株の購入を希望し、これが約定するまで注文が有効であるようにしておきたいと考えます。100株用の指値注文を指値価格127.30で作成し、有効期限にGTCを選択します。


ステップ 2 – 注文の発注

指値注文が発注され、約定またはキャンセルされるまで、現行注文として存在します。

仮定
BUY
数量 100
注文タイプ LMT
市場価格 127.38
指値価格 127.30
注文有効期限 GTC

ステップ 3 – キャンセルされるまで有効な注文

2日経ちました。XYZの株が127.35まで下がったものの指値価格の127.30にはなっていないため、XYZの株100株の注文は約定していません。この時点でXYZの市場価格がお客様ご希望の指値価格に下がるまで待ちたくないと決め、約定を待つ代わりに注文をキャンセルすることにします。

仮定
BUY
数量 100
注文タイプ LMT
市場価格 127.35
指値価格 127.30
注文有効期限 GTC
ディスクロージャー
  1. IBに送信される注文で1日以上有効なものが、通常配当分、減少することはありません。配当落ち日前の注文調整をお考えの場合には、 GTD(Good-Til-Date/Time)またはGAT(Good-after-Time/Date)注文タイプ、またはこの両方のご利用をご検討ください。
  2. 一回の取引セッション以上の有効時間付きで設定された株式注文は、Do Not Reduce (DNR)とみなされます。IBでは上記に記載されるGTC注文を、最善努力原則に基づいてキャンセルしますが、特定の状況においてはそういった注文を適時にキャンセルできない可能性もあり、ここにはIBが公表された発効日から48時間以内にコーポレートアクションに関する情報を受け取る場合を含めるもののこれに限定されるものではなく、そういったGTC注文は有効として存在し続けまた約定に適格とみなされる可能性があります。口座のモニターおよびコーポレートアクションに応じての行動はお客様の責任となります。