クライアントサービス

IBKRにおけるBUST(取引キャンセル)ポリシーおよび処理手順


責任の制限

IBKRは、お客様からの約定済取引取消リクエストの受領、処理に関して一切の責任を負いません。またIBKRは、関連取引所へ出され、拒否された約定済取引取消リクエストに関する責任も一切負いません。各取引所は、約定済取引取消リクエストに関して特別な必須条件を設けています。 その中には、取消に値する取引に関する必須条件や取消リクエストの送信可能な時間制限も含まれています。IBKRでは、最善努力原則の上で、約定済取引取消の適切なリクエストを分析し、関連取引所に送信します。しかしながら、IBKRでは、すべての約定済取引取消リクエストが受理された上で関連取引所に送信され、関連取引所において精査または承諾が受理されることを保障することは出来ません。IBKRでは、IBKRや関連取引所で受理されなかった約定済取引取消リクエストに係るいかなる補償を行うことが出来ません。



通知方法

明確に誤約定と思われる約定通知を受け取り、1IBKRが代理として関連取引所へ取引取消の請求をすることをご希望のお客様は、アカウント・マネジメント内にある取引取消リクエストツールからリクエストを送信してください。お電話でもリクエストをお受けすることは可能ですが、お電話の場合、繋がるまでの時間、また弊社側でのお客様情報収集に時間がかかり、指定時間内にリクエストの申請ができなくなる可能性があります。また、IBKRでは、フリーフォーマットのEメールでのやり取りはサポートしておらず、ホームページ上の「ヘルプ・お問い合せ」の中から送信されるリクエストは、緊急時の対応をしておりません。


約定済取引取消(BUST)の手数料

IBKRがお客様に請求する手数料に加えて、一般的に取引所の方で別途取引取消の手数料が課されます。お客様には、約定済取引取消リクエストをする前に、それに係る全ての手数料を把握して頂くよう奨励しています。


取引の両当事者がIBKRのお客様の場合の取消リクエスト

取引所は、一般的には、取引の両当事者が同ブローカー内の顧客である場合の取引取消リクエストについて判断を下さないため、適切な場合、IBKRがそのようなリクエストに対して決断します。極めて主観的で多様な気質のポリシーのため、IBKRではお客様に一定の正確性、予測性を提供すべく下記ポリシーを採用致します。

取引所が取引に対する判断を下すことを拒否した場合のみ、IBKRが決定を下し、可能である限り取引所の取引取消ポリシーに従います。特定の取引取消ポリシーに関しましては、関連取引所のウェブサイトをご参照下さい。関連取引所のポリシーで定義できない取引を含む決定は、ケースバイケースで行われ、問題の取引に対する明確なポリシーが存在しない場合は、IBKRが下記考慮すべき事項を含む(必ずしも下記に限定されていない)広範な事実情報をもって判断します。公平かつ秩序ある市場の本質決定において関連があると考えられるすべての情報を精査し、これらの見地のもと、IBKRは、最善努力原則の上特定の約定に関する決定を行います。

  • 告知の適時性:約条済取引取消キャンセルのリクエストは、関連取引所によって設定されている時間内に取引取消リクエストツールより行うことが求められます。
  • 企業、産業ニュース/イベント
  • 最近の株式変動
  • 約定時の広範な市場指標の変化
  • 約定までの注文の有効期間を考慮します。IBKRでは注文がその時点で存在するBid/Askの注文に充てられるようであれば、その注文をなるべくキャンセルをするように考慮し、注文が約定の前に最良のBid/Askになるような場合にはキャンセルはしないように考慮します。
  • 注文の発注、後続履行(通常取引時間外/通常取引時間内)注文の発注、後続履行(通常取引時間外/通常取引時間内)
  • 予想始値
  • 上記の取引内容は月次のアクティビティ・ステートメントに記載されます。前日終値、直近取引価格等の隣接取引報告または表示
  • 該当の約定に続く約定値
  • 流動性の問題

上記されているガイドラインは、お客様にある程度の保護を提供するために設けられています。しかし、考えられる全ての状況に対応できる方針はありません。IBKRは公正で秩序ある市場を維持するために決定を下す権利を有しています。


FX取引、貴金属取引の取引取消ガイドライン

一般的にIBKRでは、実行時の公正な取引所価格から½%を超えて実行された全てのFX取引の取消と価格調整を考慮します。IBKRは公正で秩序ある市場を維持するために決定を下す権利を有しています。実際的な処理として15 bps (0.15%)以下の標準偏差で付いている取引、又は 100ドル以下の損益しか影響がない場合には一般的に調整を行いません。上記の制限内容を考慮した上で、キャンセルをするかどうかの判断が下されますが、判断を行う上での基準として、市況、ボラティリティー、流動性、取引数量、価格の偏差、報告までのタイムライン等を総合的に考慮した上で行われます。

取引取消リクエストは、実行後、適切な時間内に提出されるべきもので、取引取消リクエストツールから行うようお願いしております。IBKRは該当の取引の報告受付時間枠の妥当性を決定する単独の裁量権を保有し、該当の取引に関する状況を考慮にいれます。取引が取消の価格ガイドラインに適合したものの、取消リクエストが遅れた場合、IBKRでは取消のリクエストを拒否または、価格調整のため別のアルゴリズムを適用する場合があります。 例えば、実行から取消リクエストまで該当銘柄の取引レンジを考慮にいれます。


債券の取引取消/調整ポリシー

取引が明らかに誤発注であると判断された場合、IBKRに取引の修正、取消、もしくは訂正する権利がります。明確な誤発注とは(i)約定時の価格がマーケットとかけ離れているか整合性がないとき、もしくは(ii)項目(シンボル、数量、価格など)の入力がエラーであると判断できる注文約定を指します。

上記のような取引が発生した場合、取引参加者(参加者)は弊社に取引約定後30分以内に、取引取消のご希望をアカウント・マネジメント内にある取引取消リクエストツールからお知らせください。お電話でもリクエストをお受けすることは可能ですが、お電話の場合、繋がるまでの時間、また弊社側でのお客様情報収集に時間がかかり、指定時間内にリクエストの申請ができなくなる可能性があります。また、IBKRでは、本件に関してEメールでのサポートはしておらず、ホームページ上の「ヘルプ・お問い合せ」の中から送信されるリクエストは、緊急時に対応しておりません。

IBKRは参加者からのリクエストの有無にかかわらず、弊社の最良で取引の調査が確認であると判断した場合、誤発注であるかの調査を行う権利を有しています。上記されているガイドラインは、お客様に保護を提供するために設けられていますが、全ての状況を想定しているものではありません。リクエストはすべて個別のケースとして扱われ、迅速に対応されます。IBKRは公正で秩序ある市場を維持するために決定を下す権利を有しています。

ディスクロージャー
  1. 一般的に、市場価格から大きくかけ離れた価格での約定の場合。