機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

アライバル・プライス・アルゴ

目的

このアルゴリズム注文は、発注時点でのビッド/アスク価格の仲値での約定を目指します。アライバル・プライス・アルゴは、一日あたりの平均出来高にかなりの影響を与える注文を隠すようにデザインされています。 約定のスピードは、ユーザーの指定するリスク回避レベルおよび一日あたりの平均出来高の目標率によって決定されます。注文を取引日のいつの時点で発注するかは、緊急性のレベルによって決定されます。緊急性が高いほどより速い約定につながりますが、市場への影響もより高くなります。市場への影響は緊急性を低く設定することによって抑えられますが、約定までにかかる時間が長くなる可能性があります。 ADV(一日あたりの平均出来高)の範囲は1から50%の間で設定します。注文入力の画面では、注文のすべてが約定したかどうかには関係なく、注文の開始および終了の時間を設定することができます。 時間後の取引を許可するにチェックを入れると、アルゴリズムは設定されている終了時間後も、約定していない部分の約定を目指して継続して有効となります。

注意点:

右上の表はこの注文タイプの特性に関する概要となります。チェックの入った機能はいくつかのコンビネーションに適用しますが、すべてのチェック入りの機能と組み合わせて使用できるわけではありません。例:オプション、株式、米国、米国外、スマートおよびダイレクトのすべてにチェックが入っている場合、すべての米国、米国外のスマート、ダイレクト注文がこの注文タイプで発注できるわけではありません。この場合、スマートルーティング米国株式、ダイレクトルーティング米国外株式、スマートルーティング米国オプションが取引可能となります。


取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
CFD 米国商品 スマート アトリビューション
株式 米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
Forex IBアルゴリズム 注文有効期限
IBアルゴリズム
ユーザーガイドを開く



取引例

アスク価格をクリックして買い注文を立ち上げてからSMARTを選択し、発注先としてIBアルゴリズムを選択します。 アルゴリズムのドロップダウン・メニューよりArrival Priceを選択して注文タイプに設定してから、残りの空欄を事前入力させます。この注文による株式への影響が気になる場合には、最大割合の欄に1から50%の値を入力することによって、注文発注のスピードを制限することができます。緊急性/リスク回避レベルのドロップダウン・メニューには、 Neutral、Aggressive、PassiveおよびGet Done(終わらせる)の4つの選択肢があります。

株式の数量を必ず入力してください。価格は注文発注時間に関する機能です。開始および終了時間を指定したうえで、時間後の取引を許可するまたは取引日終わりまで完了を試みるを選択する、または空白にしておくこともできます。

米国外: ヨーロッパ個別株にご利用可能です。

IDEALPROにルーティングされる主要通貨にご利用可能です。




追加情報:

  • 取引日終わりまで完了を試みるにチェックが入っている場合、弊社では本日中に注文が完了するように努めます。 オーバーナイトの価格変化のリスクが本日中に注文全体を約定することによって発生する費用よりも低い場合、注文の一部が約定せずに残る可能性もあることにご注意ください。
  • NYSE、AMEXおよびNasdaqで取引される米国株式、個別の価格体系をご利用のお客様のお取引するヨーロッパ株、およびIDEALPROにルーティングされる主要通貨ペアにご利用可能です。
  • Get DoneはAggressiveよりもさらにアグレッシブな選択肢となっています。 NeutralはPassiveに比べ、若干よりアグレッシブな選択肢となっています。