機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

TWSマーケット・スキャナ

TWSマーケット・スキャナをご利用いただき、様々なカテゴリー内の株式、オプション、先物、債券や指数などを含めグローバル・マーケットで最もパフォーマンスの良い銘柄を素早く簡単に検索することができます。


マーケット・スキャナ

商品タイプ、マーケット・センター、価格とボリューム制約、セクターや業界など、ユーザー設定の基準の組み合わせでスキャンすることが可能です。

  • 世界中の複数商品をスキャン - 米国オプション、株式、先物、指数、社債、EFPおよびSBL、米国外株式や先物、ならびに欧州とアジアの株式、先物、指数のトップ銘柄をスキャンします。
  • 使用頻度の高いスキャン・パラメーターより選択 - TWSでは高配当金利回り、トップ%収益・損失、最もアクティブ、価格・ボリューム、トップ取引レート、オプション・インプライド・ボラティリティ、13・26・52週ハイ・ロー、などを含めた使用頻度の高いスキャナーをご用意しています。
  • お気に入りの保存 - 規定済みスキャン・パラメーターを取引ページに設定すると、自動で使用しているスキャナ・タイトルの名前が付き、カスタム・スキャンを作成することができます。必要に応じて複数の「スキャナ」取引ページを作成することが可能です。
  • カスタム・スキャンの作成 - 変更可能なフィルターとパラメーターにより、オリジナルのカスタム・スキャンを作成することが可能です。例としては、最も取引量の多い米国株式のトップ10で価格が30.00米ドル以下の銘柄を、不動産業界のみで検索ができます。または、全ての取引所上場の米国社債でMoody'sの格付けがA1以上の銘柄を検索することもできます。検索定義に制限はありません。
  • ダブルクリックでスキャンの見直し - スキャンの修正は簡単に行えます。編集パネルを開き、基準とパラメーターをクリックして選択または削除して、検索をクリックしてください。TWSマーケット・スキャナが自動で処理を行います。
  • 取引時間後のスキャナの起動 - TWSマーケット・スキャナで取引時間外の夜や週末にスキャンが可能です。(債券、EFPスキャナーは対象外)取引時間後スキャナはマーケット終了時の停止スナップショットを提供し、グレー・バックグラウンドで表示されます。

オプション取引には高いリスクが伴うため、全てのお客様に適するものではありません。オプション取引のリスクについてはOptions Clearing Corporationが発行するリスク開示書、「一般的なオプション取引に係る商品性とリスク」を、こちらをクリックしてご覧ください。