新規口座開設のご案内


法人名義での日本国内口座(IBSJ口座)はオンライン申し込みでなく営業開発部で対応いたします。ご希望の方は営業開発部までお問い合わせください。
法人名義での米国口座(IBLLC口座開設)はこちらからお進み下さい。米国口座(IBLLC口座開設)法人用必要書類
連絡先:営業開発部 TEL 03-4588-9705 
角丸 mkakumaru@interactivebrokers.com

お申し込みからお取引開始までの流れ

IBSJ口座オンライン申込書ガイド

【重要】マイナンバー制度に関する重要なお知らせ(2016年1月1日以降にお申し込みお客様はマイナンバーのご提出が必ず必要です。)

日本国内口座(IBSJ口座)にお申し込みの場合にはマイナンバーのご入力とマイナンバーカードまたは通知書のご提出が必要です。、米国口座(IBLLC口座)へお申し込みの場合には、法的拘束力は無いものの、租税条約に基く軽減税率適用の為にはIRSの要件としてマイナンバーのご入力が必要です。

日本国内口座(IBSJ口座)口座開設必要書類

米国口座(IBLLC口座)口座開設必要書類

弊社のアプリケーションはGoogle Chrome及びマイクロソフトEdgeには対応をしておりません。IE及びSafariは利用可能ですが、Fire Foxを推奨させて頂いております。

弊社は米系のオンライン専門の証券会社です。PC操作に問題がないことも然ることながら、米系オンライン証券特有の確認事項があることをご了承頂いた上でのお申し込みをお願い致します。ご開設前のお客様からのお問い合わせ内容も審査の一環として考慮させて頂きましてお口座開設をお断りさせて頂く場合がございますので予めご了承下さい。尚、弊社では日本国内口座(IBSJ口座)、米国口座(IBLLC口座)共に一般口座のみのご提供となります。税金に関するアドバイス等は一切行っておりませんので予めご了承下さい。口座に関するよくある質問のページも口座開設前にご一読下さい。

弊社は「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に定める報告金融機関のため、お客様が弊社日本国内口座(IBSJ口座)において金融取引を行われる場合、“特定取引を行う者の届出書”の提出をご提出頂く必要がありますが、弊社では、この後のオンライン申込書内に必要項目を入力の上、口座開設を申請されることを以って、当該届出書の提出と同様の効力を持つこととなります。なお、弊社の国内口座開設の流れの中で、一旦W-8フォームにお客様のご申請内容を表示の上、これをご確認いただくプロセスがありますが、これは、当該届出書の内容確認のためであり、W-8フォームが実際に社外に提供されることはありません。また、居住国が一定の国のお客様につきましては、同法上、口座残高等の情報を所轄税務署長に報告することが義務付けられております。予めご了承下さい。“特定取引を行う者の届出書”についてはこちらをご確認下さい。

日本国内口座(IBSJ口座)では日本国内の上場商品及びIB日本株CFDがご利用頂けます。米国口座(IBLLC口座)ではFXを含む海外上場商品がお取引頂けますが、日本国内の商品は日本の居住者様はお取引頂けません。口座のタイプを間違えられますと審査により多くの時間が掛かる場合がございますのでご注意下さい。尚、日本国内口座(IBSJ口座)と米国口座(IBLLC口座)での資金移動は出来ません。日本国内にお住まいのお客様が個人口座でIBLLC口座をご利用頂く場合には、金先物、原油先物、その他農作物等の商品先物及び先物オプションに該当する商品はお取引頂けませんので予めご了承下さい。

口座に関するよくある質問のページも口座開設前にご一読下さい。

初回のご入金として、日本国内口座(IBSJ口座)では100万円が必要です。米国口座(IBLLC口座)では下限の設定はございませんが、2000ドル相当額未満ではマージン口座の機能をご利用頂けません。。米国口座(IBLLC口座)では外為円決済(海外送金扱い)にて日本円のご入金もお受けしております。(一部の銀行からは銀行側の理由により米国口座(IBLLC口座)への送金が出来ません。)
尚、株の入庫を以ってお口座開設を行って頂くことも可能ですが、口座残高が10万ドル相当額未満の場合には、4ヶ月目以降に10ドル相当額の口座維持手数料口座維持手数料(月間アクティビティ手数料)が発生致しますのでご注意下さい。

日本国内にお住まいのお客様が個人口座でIBLLC口座をご利用頂く場合には、金先物、原油先物、その他農作物等の商品先物及び先物オプションに該当する商品はお取引頂けませんので予めご了承下さい。

口座に関するよくある質問のページも口座開設前にご一読下さい。

改正犯罪収益移転防止法が2016年10月1日に施行されることに伴い、下記に定める「外国PEPs」に該当するお客様は、同日以降弊社IBSJ(インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社)に取引口座を開設することが出来なくなりました。「外国PEPs」に該当しないお客様のみ、「上記を確認して~」ボタンより口座開設画面にお進みください(お客様が口座開設画面にお進みになった時点で、お客様より「外国PEPs」に該当しない旨ご回答を得たものと看做されます。)。 外国PEPs: 外国において、元首や日本における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣、最高裁判所の裁判官、統合幕僚長・統合幕僚副長、陸・海・空の幕僚長・幕僚副長に相当する職、中央銀行の役員の職などにある人(①過去にそうであった人、②これらの人の家族含む)※お客様の側で外国PEPsに該当するか否かの判断が難しい場合は、弊社までご一報ください。