機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

有価証券ファイナンシング

有価証券ファイナンシング

取引データから決済データまで、弊社の有価証券調達サービスは自動取引ソリューションの提供に裏打ちされています。

概要

利用可能銘柄

弊社の多岐にわたる利用可能銘柄が借入困難な銘柄の入手をサポートするだけではなく、買い戻しやリコールのプロテクションもご提供します。

下記の方法で利用可能な銘柄をリアルタイムで検索できます:

  • トレーダ・ワークステーション(TWS)に空売り可能株、手数料率、リベート率のコラムを追加して、空売り可能な株式の数、株式借入の金利、フェデラル・ファンド金利を確認することができます。
  • クライアント・ポータル内の空売り銘柄(SLB)検索ツールを利用して、空売り可能な証券をリアルタイムで検索し、また借入が可能になった場合に通知が配信されるように設定することができます。

透明性を追求した金利

弊社の有価証券ファイナンシングサービスは自動化された価格査定と信用力の向上により、株式ローンと借入マーケットに透明性、信頼性および効率性を提供しています。IBでは気配金利を構築するために様々な情報源を利用しています。気配金利は利用可能銘柄とともに自動有価証券ファイナンシングツールに表示されます。

トレーダー・ワークステーションのMosaicワークスペースSLB率(securities lending & borrowing)画面に、日次の金利履歴チャート、取引日内時間および空売りローン手数料が表示されます。

グローバル・ネットワーク

世界各国の複数の取引先企業とのネットワークが、お客様の空売り戦略の約定を可能にします。米国だけでも融資機関やブローカー・ディーラーを含め、60以上の取引先企業へのアクセスがあります。

弊社では精鋭のSLBデスクスタッフが米国、ヨーロッパ、アジアでお客様の株式ローン・借入のご質問など有価証券ファイナンシングのサポートを行っております。

その他のツール

IBKRで提供されている洗練された自動テクノロジーツールは有価証券貸付セービスでもご利用いただけます。また、様々な株式ローン・借入ツールをご用意しています。

株式利回り向上プログラム
口座内にある全額支払い済み株式より収入を得ることができます。

空売り可能銘柄
弊社のオンライン、セルフサービスツールでリアルタイムの空売り可能株式や債券を検索することができます。

FYI通知
先週空売り不可だった銘柄が借入可能になった際に通知される機能です。

事前借入プログラム

ポートフォリオ・マージン口座をお持ちのお客様は、決済日の買戻しを防ぐために株式を事前に借入することができる、事前借入プログラムにご参加いただけます。事前借入プログラムにご参加いただくと、TWSの株式借入・ローンプログラムを使って空売りの予想に合わせて事前に株式を借入することができます。

事前借入プログラムによって、ショートポジションを建てる前に銘柄が空売り可能であることが確認でき、買戻しのリスクを避けることができます。事前の借入がない場合、確実に株式が調達されているかどうかは空売りの決済まで分かりません。

詳細