アダプティブ・アルゴ

アダプティブ・アルゴ注文は弊社のスマート・ルーティング機能をユーザー指定のプライオリティー設定と組み合わせ、素早い約定と最良価格を狙います。成行注文または指値注文として利用することができます。

アダプティブ・アルゴ注文は成行注文とアグレッシブな指値注文の両方が、ビッドおよびアスク価格の間で取引するようにデザインされており、このアルゴリズムの使用は通常の指値注文や成行注文と比べ、平均してより良い約定価格につながります。アダプティブ・アルゴ注文はスプレッドが広い場合に特に有効ですが、スプレッド幅が1ティックの場合でもやはり便利です。

アダプティブ・アルゴ成行注文

基本の買い成行注文は直接アスク価格に進みますが、アダプティブ・アルゴを使用した成行注文はビッド/アスクのスプレッド内で開始し、指定の量を約定させるために、徐々にアスク価格まで確認していきます。より良い価格をスキャンするために費やす時間は、ユーザーの選択するプライオリティー設定によって決定されます。「urgent - 緊急」設定は素早いスキャンになりますが、「patient - 忍耐強い」設定は時間をかけてスキャンするため、注文全体がより良い条件で約定するチャンスが高くなります。スキャンにかかる時間中に価格がオリジナルのものから離れていくというリスクは伴います(特にpatientに設定される場合)。

アダプティブ・アルゴ指値注文

ビッドとアスクのスプレッド間で約定するように設定されるアダプティブ・アルゴによる指値注文は、上記と同様に好ましい価格にての約定を試みるため、指値価格かそれよりも良い価格でのみ約定します。

取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
株式 米国商品 スマート アトリビューション
オプション 米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
先物 IBアルゴ 注文有効期限
CFD IBアルゴ
ユーザーガイドを開く

注意点:

右上の表はこの注文タイプの特性に関する概要となります。チェックの入った機能はいくつかのコンビネーションに適用しますが、すべてのチェック入りの機能と組み合わせて使用できるわけではありません。例:オプション、株式、米国、米国外、スマートおよびダイレクトのすべてにチェックが入っている場合、すべての米国、米国外のスマート、ダイレクト注文がこの注文タイプで発注できるわけではありません。この場合、スマートルーティング米国株式、ダイレクトルーティング米国外株式、スマートルーティング米国オプションが取引可能となります。



アダプティブ・アルゴ注文タイプのショートビデオ



その他のショートビデオはIBショートビデオ、コース&ツアーをご覧ください


モザイクでアダプティブ・アルゴを作成する

モザイク注文入力のパネルで注文を設定します。買いまたは売り注文を作成する:

ステップ 1 – 取引量を入力する
ステップ 2 - LMTタイプの欄よりIBALGO、そして適応を選択してください。
アダプティブ・アルゴ


ステップ 3 – 価格欄で指値価格(指値注文の場合)を設定、または価格ワンドを利用して成行価格(成行注文の場合)を選択します。
アダプティブ・アルゴ


ステップ 4 – 緊急性の設定は、赤い「x」ボタンをクリックしてアドバンスパネルを開きます。
ステップ 5 – ドロップダウンメニューのプライオリティ/緊急性パラメーターから選らんでください。
ステップ 6 – 発注ボタンをクリックして注文を発注してください。
アダプティブ・アルゴ

クラシックTWSでアダプティブ・アルゴを作成する

ステップ 1 – 買い注文の場合には有価証券のアスク価格をクリックしてください。
ステップ 2 – 数量欄に購入する数量を入力します。
ステップ 3 – 注文の列に発注先のコラムを見つけます。
ステップ 4 – SMARTをクリックして発注先として可能な場所のリストを表示します。IBALGOを選択すると様々なタイプのアルゴリズム注文を作成することができます。
アダプティブ・アルゴ


ステップ 5 – ドロップダウンメニューより適応を選択してください。
アダプティブ・アルゴ


ステップ 6 – プライオリティ/緊急性のドロップダウンメニューより選択してください。
ステップ 7 – 発注ボタンをクリックして注文を発注してください。
アダプティブ・アルゴ