証拠金取引 - 証拠金による購入とは

証拠金取引

証拠金によるベネフィット


証拠金による購入とはInfographic
  • 業界内でも最安の証拠金ローン金利率
    2017年バロンズ誌によりますと、IBの証拠金ローンがオンライン・ブローカーで最安値1との調査結果になりました。
  • ユニバーサル口座でのグローバル取引
    ひとつの口座から株式、オプション、先物、FOREX、債券やファンドの取引が可能です。
  • ポートフォリオ・マージン
    高度なトレーダーのお客様には、低い証拠金と高いレバレッジのポートフォリオマージンがご利用いただける可能性があります。
  • リアルタイム証拠金ツール
    リアルタイムの証拠金システムを利用して、口座の状況がいつでも確認できます。

証拠金に関するエデュケーション・センター


証拠金取引を始めるための入門書です。

入門には規則ベース証拠金vs.リスクベース証拠金手段や、有価証券およびコモディティ取引の証拠金の計算および例が含まれます。

必要証拠金


必要証拠金は以下の要素に基づきます:
  1. 法的居住国。
  2. 取引をご希望の取引所。
  3. 取引をご希望の商品。
下記のステップ3にてご希望の選択をされますと、必要証拠金に関するページに自動的に移動します。
お客様の口座は追加の必須事項および/またはエクスポージャーフィーの対象となる可能性があります。エクスポージャーフィーに関する情報は下記をご覧ください。

注意点:

  • FOREX、CFDおよび貴金属はグローバル商品となっており、下記の「ステップ1」で入力される回答に基づいて表示されます。「ステップ2」は該当しません。
  • すべてのロケーションで下記にリストされる商品のすべてが、証拠金取引されるわけではありません。

カラーキー:

選択可能なボタン
現在選択されているもの
該当外のもの

  1. 米国
  2. カナダ
  3. ヨーロッパ
  4. オーストラリア
  5. 香港
  6. 日本
  7. インド
  8. その他
  9. 米国
  10. カナダ
  11. ヨーロッパ
  12. オーストラリア
  13. 中国
  14. 香港
  15. 日本
  16. インド
  17. メキシコ
  18. シンガポール
  19. 韓国
  20. 株式
  21. オプション
  22. 先物
  23. SSF
  24. FOREX
  25. 債券
  26. 投資信託
  27. 貴金属
  28. CFD


リスクの高い口座へのエクスポージャーフィー

インタラクティブ・ブローカーズでは、過度の最大損失リスクが想定される一部の口座に対して日次の「エクスポージャーフィー」を設けています。市場で設定される証拠金必要額を満たしていても、急激な市場動向によって想定外の損失を被る可能性があります。弊社では、弊社とお客様双方の資産保護の為、プットオプションの売りポジション等、ハイリスクなポジションを保有されている口座に対して同費用を頂戴しております。

エクスポージャーフィーは過度なリスクポジションが想定される一部の口座にのみ適用されます。ほとんどの口座はエクスポージャーフィーの対象ではありません。この手数料は証拠金比率ではありません。これはリスクの高い口座を維持するための費用とご理解ください。エクスポージャーフィーは口座内で発生する保険ではありませんので、エクスポージャーフィーが発生した場合でも従来通り、お客様は弊社への負債または口座内資産不足への責任を有します。

弊社では営業日毎にリスクマネジメントの一環として、一定の価格変動を想定し、各口座のポートフォリオ毎の損益をシミュレーションしています。その際に使用するシナリオでは、取引所が必要証拠金を査定する際のパラメーターを超えることがあり、特に高いリスクがあると認識された口座に対しエクスポージャーフィーを適用しています。エクスポージャー分析の結果、口座内資産以上の損失を被り資産がマイナスとなる可能性が考えられる場合には、弊社へのリスクとなります(弊社としては取引の結果、お客様の資産がすべて失われた場合でも、その損失を超えてクリアリング機関に支払いを保証する義務があります)。

この日次のプロセスの一環として、IBでは大きな損失が発生した際の口座のリスクを基に、リスクの高い口座に発生するエクスポージャーフィーを計算しています。IBで行われたエクスポージャー分析を基に、口座が口座内資産以上の損失を被った場合(資産がマイナス)、この損失は弊社へのリスクとなります(IBは顧客に資産が残っていなくても、顧客のパフォーマンスをクリアリング機関に保証する義務があります)。

エクスポージャーフィーは平日において日次計算され、翌営業日終了時に口座から引かれます。例:月曜日のアクティビティ・ステートメントにあるエクスポージャーフィーは金、土、日のものが含まれます。同費用に関連するエクスポージャー分析結果は、アカウント・マネジメントより口座ごとにご確認いただけます。

計算方法についての注意点:

  • 計算方法はインタラクティブ・ブローカーズの裁量で独自のアルゴリズムを使用しており、予告なく変更される場合があります。
  • マーケット動向、口座内ポートフォリオの変化、弊社がリスク査定に使用する公式とアルゴリズムの変更によって日々変動する可能性があります。
  • エクスポージャーフィーは営業日毎に関連する口座より差し引かれます。同費用が発生した場合は、これを補うための十分な資金の用意が必要となります。IBカスタマー同意書に記載の通り、エクスポージャーフィーの差し引きにより証拠金不足が発生した場合は強制決済の対象となります。
  • エクスポージャーフィーは口座毎に計算されています。複数の口座を保有してリスクを相殺される場合は口座の統合をおすすめ致します。
  • オーバーナイト・ポジションとエクスポージャーの両手数料の対象となる口座は、どちらかより高い費用のみ課金されます。
  • エクスポージャーフィーはお客様の口座への保険ではありません。エクスポージャーフィーが発生した場合でも従来通り、お客様は弊社への負債、口座内資産不足への責任を有します。エクスポージャーフィーの支払いによって負債支払が免除されるわけではありません。また、エクスポージャー支払分、負債支払が減額されることもありません。

エクスポージャーフィーを回避するには:

  • 資産の追加により口座内リスクプロフィールが向上し、エクスポージャーフィーの軽減・適用取消が見込まれます。
  • オプションの売りポジションを閉じることにより、エクスポージャーが軽減されます。低価格のオプションの売りポジションが最も高いリスクの原因となります。ポートフォリオ全体のリスク分析にはTWSのIBリスクナビゲーターをご利用下さい。


エクスポージャーフィーは以下の商品に対して計算されます。

  • 調整済みボラティリティ変動を含む資産
  • 原油および精製油
  • ボラティリティ



  1. 2017年3月20日発行のバロンズ誌によるオンライン・ブローカー調査に関する記事です。原文タイトルはOne More Reason to Buy Onlineです。バロンズ誌の調査によるところ、$10,000、$20,000、$50,000の証拠金借入金利および100,000の残高を持ち、$100,000またはそれ以上の資産を保有する口座に対し、業界最安値の証拠金借入金利になっています。