機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

証拠金に関するエデュケーション・センター

証拠金による株式取引 vs. 証拠金による先物取引

Icon: Stock Certificate
証拠金による株式取引:

証拠金による株式取引とは、ブローカーの設定するお客様の口座への必要条件です。株式取引のための証拠金は通常、投資のためにブローカーから借入れを行うことに相当します。例えば、$100の価値がある株式を購入するにあたり、投資家は通常$50を支払い、$50をブローカーから借入れします。

Icon: Commodity Types
証拠金による先物取引:

証拠金による先物取引はこれとは異なります。先物コントラクトの売買にあたり、投資家はブローカーから借入れを行いません。その代わり、ブローカーは投資家の現金の一部を投資期間を通して担保として取り置きます。担保の最低額は、先物取引の行われる取引所によって設定されますが、ブローカーは取引を保証するために追加の担保を必要とする場合があります。先物のための証拠金は、市場がクライアントのポジションと反対に変動した場合の潜在的な損失に対するクッションと考えることができます。

ローンとしての借入れ vs. 担保を理解する

ブローカーから借入れる資金の他に現金も株式購入に利用されますが、先物や個別株先物、また株式オプションなどの他の商品の場合、クライアントの口座に取り置かれた現金は、市場が降りに変動した際に必然的に発生する可能性のある損失を吸収するための担保金額とみなされます。

借入れを行うか、またどれだけ借入れするかは、ブローカーに適用される規制によって計算されます。これらの計算は、ルールベースまたはリスクベースのいずれかになります。

証拠金の計算と管理機関

ルールベース
リスクベース

ルールベースのシステムでは、投資家が口座でできることや、そのルールをどのように適用するかを決定する役割を持つ管理機関があります。こういったルールは、ポートフォリオの文才という概念とは関係なく、全体的に適用されます。ルールベースのシステムは、一般的に公式化されており、市場価格に適用される一定の割合を使用します。

ルールベース方式では、ポジションごとに証拠金が必要となり、ポートフォリオの分散かによるベネフィットがないため、必要証拠金がリスクベース方式よりも高くなる可能性があります。

リスクベースの計算は、投資家のポートフォリオを、より広い視野でとらえます。ブローカーや取引所は、各株式のリスクだけでなく、ポートフォリオ全体で見た場合の株式の総合的なリスクを考慮します。

リスクベースの計算は、最悪の場合を仮想したシナリオに基づいて算出されます。市場リスクを分散することはできませんが、異なる産業やセクターへの分散、またロングとショートのポジションにより、ポートフォリオのリスクを軽減することができます。

American Flag

米国には規制体制がふたつあり、それぞれに管理機関があります。証券市場の管理はSECが行い、先物市場の管理はCFTCが行います。

米国有価証券の証拠金

米国の証券市場は、米国証券取引委員会(SEC)によって管理されています。SECでは、リスクベースとルールベース口座両方を許可しています。

ルールベース
リスクベース

ルールベースの場合、連邦準備金は、投資家の保有する株式価値の50%を借入れ、残り50%をブローカーから借入れることのできるRegT口座の委託証拠金の規則を定めています。つまり、ABC企業の株式を$10,000購入する場合、投資家は$5,000を支払い、残りの$5,000をブローカーから借入れすることになります。これは委託証拠金の考え方の根底となるものであり、FINRA Rule 4210の設定する、ポジションの維持にあたって投資家に最低限必要となる維持証拠金と異なります。日中を通し、投資家は口座内に保有される購入済み証券の価値の25%を最低でも保有する必要があります。株式の価値が下がった場合には、必要最低限の金額を保つために資金の追加が必要になります。口座はこれ以外の必須事項の対象となる可能性があります。

ルールベース証拠金の例

リスクベースの場合、ブローカーはポートフォリオ・マージン口座を提供します。損失の発生する可能性が分散化によって低くなっているため、RegTの場合よりも必要証拠金が低いことが多くあります。株式やETF、オプションなど、異なる資産クラスのポジションを含めてポートフォリオを全体的にとらえることによって、投資家とブローカーへのリスクが軽減されます。リスクベース方式の場合、プットオプションの相殺額を保有することで、ABC企業の株式を保有する投資家はリスクを軽減することができ、この場合、ポートフォリオ・マージンは、ルールベースのシナリオに比べて、低くなる可能性があります。口座はこれ以外の必須事項の対象となる可能性があります。

リスクベース証拠金の例

米国先物の証拠金

米国における先物の証拠金はリスクベースで取引所によって決定され、クライアントがブローカーから借入れる金額ではなく、担保となります。ポジションがオープンになっている間、担保にアクセスすることはできません。

取引例

原油の価格を強気で見る投資家が、オイルの先物コントラクトを購入することにします。1,000バレルの原油を取り扱うオイルの先物コントラクトの委託証拠金は$10,000になる可能性があります。オープンポジションは各日、時価評価されます。

投資の価値が上がる場合には、投資家の口座に支払いが行われ、逆に投資の価値が下がる場合には損失を反映して口座から引き落としが行われます。先物ブローカーは、コントラクトの取引される先物取引所の設定に基づいて、少なくとも最小の担保額または証拠金額を受取りますが、

これ以上受取る権利も有しています。米国における先物の証拠金はリスクベースとなり、通常は取引所によって決定されます。

Oil Pump

米国外の証拠金

世界の規制体制は米国とは対照的に、他のほとんどの国における証拠金はリスクベースとなっています。

インタラクティブ・ブローカーズは米国を本拠地としていますが、世界中の取引所へのアクセスをお客様にご提供しています。弊社では、米国のクリアリングブローカーとして、他の国や地域における現地の要件に、米国の要件を重ねることが求められることがあります。

米国以外の国では、証券と先物に対してひとつづずではなく、ひとつの規制体制しかありません。

World Map
IBKRでの先物取引

プロの様な投資を今日から始めてください。