IBKR口座をご利用いただき、副収入を安全に得ることができます。

現金から発生する利子

弊社では現金預金に対し、競合性のある金利をご提供しています。

詳細はこちら

SEC Rule 15c3-3および証券投資者保護公祉(SIPC):

  • IB有価証券口座に保有される現金は、 顧客保護規定15c3-3による保護の対象となります。弊社ではお客様の現金に対し、規制義務以上の保護対策をご提供しています。
  • 弊社の保護対策に加え、$250,000分(ジョイント口座の場合は$500,000)の現金がSIPC保険によりカバーされています。
詳細はこちら

銀行保険付き預金スイープ・プログラム

銀行保険付き預金スイープ・プログラムへのご参加により適格とされるお客様は、既存のSIPCの口座保護$250,000に最大$2,500,000までのFDIC保険が加算され、合計$2,750,000まで受取ることができます。お客様にはIB口座内の現金に現在適用される利子を継続してお受取りいただきます。弊社ではご参加されているお客様の現金残高を各銀行$246,500までを上限とし、FDIC保護上限内に留まりつつ利息が発生するよう、1つ以上の銀行に毎日移動(スイープ)しています。$2,750,000以上の現金残高は60億を超える企業の株式資産に基き、CFTC顧客保護規定15c3-3の下に継続して安全防護対策の対象となります。

ベネフィット

  • IB口座に保有される現金預金と同様に、競合性のある金利をご提供します。
  • FDIC保険付き預金と投資は、IB口座の現金残高と一緒にひとつのステートメントに表記されます。
  • プログラム上限の$2,500,000を超える現金は、顧客保護規制の下に弊社による保護の対象となります。他社のプログラムは保護対象以上の現金に対してスピルオーバー銀行を含めることが多く、現金はFDIC保険の対象となりません。

ご利用可能資格

  • 指定済み相続受益者のない口座、IRA(IBアセットマネジメントIRAは除き)および機関口座には、こちらのプログラムへのご参加が可能です。
  • 今後その他のタイプの口座も、弊社の裁量によってプログラム対象となる可能性があります。
  • ご利用可能資格をお持ちのお客様は口座にログインのうえ、口座設定内の「銀行保険付き預金スイープ・プログラム」よりお申込みいただくことができます。有効化は通常、夜間に行われます。

機能

  • 銀行保険付き預金スイープ・プログラムにご登録いただきますと、ご預金はプログラムに加盟するFDIC保険銀行のひとつ、または複数の銀行の口座に預けられ、口座には利子が発生します。ある銀行に預金されるFDICプログラムの上限にお客様の残高が近づいた場合、追加現金は別のプログラム加盟銀行に預金されるようになるため、上限を超えることはありません。プログラムは1つ以上の銀行を利用することによって、お客様のご預金に対して$2,500,000までのFDIC保険をご提供することができます。
  • 資格対象となる現金残高は通常、IB口座に保有される必要証拠金およびショートの株価を除く、SIPCカバーの対象となる$250,000からプログラム上限$2,500,000までの米ドルでの現金を指します。弊社では通常の取引アクティビティを中断させることなく、お客様の口座とFDIC保険カバーをスムーズに統合させるため、独自のスイープアルゴリズムをデザインしました。お客様の米ドルでの現金、口座資産、必要証拠金、ショート株価、見積もり現金決済およびSIPC対象$250,000内の日次スイープ算出要素がバッファーとなって、スイープする無料クレジットの最大超過分を決定します。

FDIC保険

FDIC保険の上限は、対象となる銀行預金すべてに適用されます。 銀行保険付き預金スイープ・プログラム内すべての所有者カテゴリーに対するFDIC保険上限は、各プログラム銀行に対して$250,000です。このためすべての銀行にある資産をモニターし、プライオリティー銀行リストにある銀行を除外して、弊社が資格対象の現金をその銀行にスイープしないよう確認することが重要となります。1つ以上のプログラム加盟銀行で他にも預金がある場合、プログラム残高を保有する銀行を外してFDIC上限を超えないように調整することができます。FDICカバーおよびFDIC定義による異なる所有者カテゴリーに関する詳細は、FDICウェブサイトをご確認ください。


詳細はよくあるご質問ページよりご確認ください。

こちらをクリック

注意点:
  1. プライム口座、ポートフォリオ・マネージャーおよびパターン・デイ・トレーダーのお客様は、参加資格として最低$1,000,000、$150,000および$25,000, の資産残高がそれぞれ必要となります。