機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

Accumulate Distributeアルゴ

Accumulate/Distributeアルゴは大型注文の匿名性を保ちつつ、最上価格の達成を目指します。このアルゴリズムは頻度の高い取引にも設定することができます。 株式やその他の商品を大型で取引する場合にご利用ください。アルゴリズムがお客様の注文をサイズの異なる小型注文にスライスし、ユーザー指定の期間内にランダムな間隔で発注することによって、市場に気づかれずに大型注文の発注ができます。このアルゴリズムは指値、成行およびRelativeタイプの注文に使用できます。 Relative注文に利用する場合には何に関連するのかを指定する必要がありますが、選択肢は多数あります。ある固定値に関連する場合には事実上、指値注文になりますが、現行のビッド/アスク価格、直近価格、VWAPや移動VWAP、移動平均や指数平滑移動平均、ご自身の直近取引価格やこれまでに購入された株数など、様々なものに関連付けることができます。可能性はいろいろです。

注文に関連するデータポイントに対するオフセットの入力も必要です。例えば現行ビッド価格に合わせたい場合には、BIDとオフセットとして0を入力します。注文をアグレッシブにしたい場合には、BID +0.01(1セント)のように入力することができます。この場合、市場が1セント広くてもオファーを続け、アスク価格より2セント以上低いビッドは絶対にしないように指定することができます。

株式の直近取引価格以上のビッドはしない、ご自身の直近買い価格マイナス1セント以上にはしない、VWAPや過去25分間の指数平滑移動平均以上にはしないなど、追加規制の指定は他にもできます。

可能性は無限です。このアルゴリズムを理解するには実際に利用する前に入力画面(テンプレート)にパラメーターを入力し、いろいろと実験なさることをお奨めします。

Accumulate/Distributeアルゴをどのように機能させるか指定するにあたって次に必要となるのは、現在の注文が約定してから次の注文を発注するかどうかを決定することです。これが指定されない場合、ユーザー指定の時間枠内をランダムな間隔で追加注文が発注され、取引所で1つ以上のある程度大型サイズの注文に蓄積します。 弊社でお奨めするよう、ひとつめの約定を待ってから次の注文を発注するように指示するボックスにチェックを入れると、指定する購入状況が難しければ難しいほど、各時間間隔で500株購入のスケジュールからアルゴリズムが遅れていく可能性が高くなります。

取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
債券 米国商品 スマート アトリビューション
Forex 米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
先物 IBKR ATS 注文有効期限
先物オプション アルゴリズム
オプション
株式
ワラント債
利用可能な取引所を確認する|ユーザーガイドを開く

ここで次の問題になるのが遅れたらどうするかということです。状況的に可能な場合には、元のスケジュールに追いつかせるかどうかになります。「はい」を選択するとアルゴリズムが各注文の合間に待つ時間を縮め、元のスケジュールに追いつくまで、注文が1つ約定するとたんに次のものが発注されることになります。

注文が通常取引時間内のみ有効、またはそれ以外の時間も有効になるのかを指定し、最後に大型注文のある際に取引を希望するかを指定します。10万株を購入しようとしていると仮定します。ここに市場を試してみるためか株を動かすため、または真剣に大型注文を出してくるトレーダーが現れた場合、この機会を見過ごすわけにはいきません。この機会を利用しようとは思いますが、自分の手のうちをどれくらい明かすかを決める必要があります。Accumulate/Distributeアルゴ利用することにより、X株を超え希望の価格条件を満たす大型注文はすべて取引するけれども、購入完了に必要以上の量は取引しないよう、アルゴリズムに指示することができます。


Accumulate/Distributeアルゴ・ショートビデオ



その他のショートビデオはIBショートビデオ、コース&ツアーをご覧ください。


取引例

注文タイプの例
IBKR株を以下の条件で1,000,000株、30秒ごとの間隔で500株ずつ集め(Accumulate)ます:
  • 価格と時間をランダムにし、30秒ごとに500株というパターンがすぐには見えないようにする。
  • 現行ビッド+ 0.01に関連するRelative注文を利用するものの、アスク-0.02または自身の直近取引価格のうち値の大きいもの以上にはしない。
  • 次の注文を発注する前に既存の注文を約定させる。
  • アルゴリズムが遅れた場合には追いつかせる。
  • 通常取引時間外にも注文を有効にする。
  • 注文サイズが200,000またはそれ以上、かつこれにより注文サイズが指定の額以上にならない場合にはオファーを受ける。