機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

MOO(Market-on-Open)注文

MOO注文は成行注文にOPG有効期限を組み合わせることにより、市場の開始時に自動発注され市場価格で約定します。

MOO注文に関するご注意

  • 弊社では取引所で設定されているネイティブの成行注文を弊社のシミュレーションで代用する場合があります。シミュレーション注文を使用しての成行注文の取り扱いに関する詳細は こちらをクリックしてください。
  • NasdaqへのMOO注文(およびLOO注文)は、米国東部標準時09:28前に発注される必要があります。
  • オプション注文:オプション用のMOO注文は取引所に送信する必要があります。OPG有効期限条件を付けるオプション注文は、CBOEやCBOE2またはMIAXなどの、この注文タイプを受け付けているルーティング先を選択する場合のみ利用可能です。
  • MOO注文機能はペーパー口座の場合にはご利用いただけない可能性があります。

注意点:

右上の表はこの注文タイプの特性に関する概要となります。チェックの入った機能はいくつかのコンビネーションに適用しますが、すべてのチェック入りの機能と組み合わせて使用できるわけではありません。例:オプション、株式、米国、米国外、スマートおよびダイレクトのすべてにチェックが入っている場合、すべての米国、米国外のスマート、ダイレクト注文がこの注文タイプで発注できるわけではありません。この場合、スマートルーティング米国株式、ダイレクトルーティング米国外株式、スマートルーティング米国オプションが取引可能となります。


取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
CFD 米国商品 スマート アトリビューション
株式 米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
オプション 注文有効期限
ワラント債
利用可能な取引所を確認する|ユーザーガイドを開く

モザイク例

この例ではUSOティッカー1,000株の追加購入を、市場開始時のみの成行注文タイプを選んで発注するとします。ティッカーシンボルを入力し、BUYのボタンをクリックしてください。背景は青に変わります。SELL注文の場合には背景が赤に変わります。 数量を変更して購入数量を1,000にします。ドロップダウンメニューよりMKT注文タイプを選択し、 有効期限メニューからはOPGを選択します。これにより注文を市場の開始時間のみに制限しますので、開始時間前に注文の発注が出来るようになります。

仮定
BUY
数量 1,000
注文タイプ MKT
市場価格 19.83
指値価格 MKT
モザイクでのMOO注文

クラシックTWS例

買いのMOO注文

注文タイプの詳細 - 買いのMOO注文

ステップ 1 – 買いのMOO注文の入力

XYZの株を100株、購入を希望していますが、この株の過去の値段から始値が最良価格であると思われます。 BUYで注文を設定した上で注文タイプの欄にMKTを選択して、成行注文を指定します。 有効期限の条件にOPGを選択し、注文が翌日の開始時間に送信されるように設定します。指値価格の欄にMARKETという文字が現れ、市場価格での購入を希望していることが表示されます。注文を送信してください。注文は翌日に市場が始まり次第、約定します。


ステップ 2 – 注文の発注

お客様の注文が発注されました。この注文はシステムに保存され、翌日市場が開始する時に発注されます。

仮定
BUY
数量 100
注文タイプ MKT
指値価格 MARKET
市場価格 45.31

ステップ 3 – 次の市場開始時

翌日の市場開始時におけるXYZの価格は45.28です。お客様の100株の注文はこの始値にて約定します。

仮定
BUY
数量 100
注文タイプ MKT
指値価格 MARKET
市場始値 45.28