機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

ミニマイズ・インパクト・アルゴ

目的

ミニマイズ・インパクト・アルゴは、最大率の値を設定して日ごとの平均オプションボリュームへの参加レベルをコントロールし、また注文をスライスして徐々に発注することにより、お客様指定の日ごとの平均ボリュームの最大率を超えずに市場平均を達成し、マーケットへの影響を最小に抑えようとします。


ユーザー入力

  • 日ごとの平均ボリュームの最大率

重要点

  • 指定可能の最大率は、原資産の全オプション・マーケットにおける日ごとのオプション・ボリューム合計の割合です。
  • 注文タイプにVOLを利用してボラティリティを単位とする指値価格を設定してください。
  • 最大率は1%から50%に設定してください。空欄にする場合のデフォルト設定は50%です。
  • 米国株式および指数オプションに利用可能です。

注意点:

右上の表はこの注文タイプの特性に関する概要となります。チェックの入った機能はいくつかのコンビネーションに適用しますが、すべてのチェック入りの機能と組み合わせて使用できるわけではありません。例:オプション、株式、米国、米国外、スマートおよびダイレクトのすべてにチェックが入っている場合、すべての米国、米国外のスマート、ダイレクト注文がこの注文タイプで発注できるわけではありません。この場合、スマートルーティング米国株式、ダイレクトルーティング米国外株式、スマートルーティング米国オプションが取引可能となります。


取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
オプション 米国商品 スマート アトリビューション
米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
IBアルゴリズム 注文有効期限
IBアルゴリズム
ユーザーガイドを開く