機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

Percent of Volumeアルゴ

目的

注文が一日あたりの平均出来高に与える影響を抑えるために制限を付けることができます。指定の開始時間と終了時間の間の注文の参加の度合いを1-50%の間の値で設定できます。 1日における注文数とボリュームの分配は、目標割合の入力とTWSマーケットデータが計算しアップデートし続ける予測ボリュームによって決定されます。このアルゴリズムは流動性の低下を避けるために使用することもでき、流動性低下にかかる費用をなくすことによって流動性追加のリベートにつながる可能性もあります。アルゴリズムはAttempt to never take liquidity(絶対に流動性を低下させないよう試みる)ボックスにチェックを入れることにより、 ビッド価格での売却やオファー価格での購入をできるだけ避けるように設定されます。しかしながら、指定されるビッド/オファー価格は必ずしも価格の上下変動に伴って達成されるわけではないため、ベンチマークからのより多きな乖離や部分的な約定の可能性も発生します。このボックスにチェックが入っている場合、弊社では流動性の低下を避けるベストエフォートとして取り扱いますが、避けられない状況もあることをご了承ください。


  • Tiered(変動型)料金体系のお客様には、米国および米国外株式のすべてにご利用可能です。
  • Tiered(変動型)料金体系のお客様には、ヨーロッパ株式にご利用可能です。

注意点:

右上の表はこの注文タイプの特性に関する概要となります。チェックの入った機能はいくつかのコンビネーションに適用しますが、すべてのチェック入りの機能と組み合わせて使用できるわけではありません。例:オプション、株式、米国、米国外、スマートおよびダイレクトのすべてにチェックが入っている場合、すべての米国、米国外のスマート、ダイレクト注文がこの注文タイプで発注できるわけではありません。この場合、スマートルーティング米国株式、ダイレクトルーティング米国外株式、スマートルーティング米国オプションが取引可能となります。


取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
CFD 米国商品 スマート アトリビューション
先物 米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
株式 IBアルゴ 注文有効期限
IBアルゴ
ユーザーガイドを開く