スケール注文

スケール・トレーダー機能は、急速に低下している価格の影響を避けつつ、コンビネーション注文を含める大型注文の執行をする際に便利です。以下のような場合をお考えください。基本のブロック注文を発注したところ、開始時には許容範囲にあった価格がマーケットの変動と共に急激に下がっていく。または注文をマニュアルで複数に分割し、影響を減らすために異なる価格レベルの小型注文として発注する。これは可能ですが常にモニターしている必要があるため時間と手間がかかります。スケール注文はお客様の指定する価格とサイズ決定要素を使用して、大型注文を価格の刻み幅による小型のコンポーネントに自動的に分割し、小型の指値注文として発注します。

またScaleTraderに「スケール・オフセット額」を設定することにより、ご自身の元の注文コンポーネントの逆サイドの利益確定注文を発注することもできます。これによりポジション取引をされるお客様は、許容範囲の最低利益を事前指定することができます。取引の進行状況は、スケール注文のライン上から右クリックでアクセス可能のスケール注文の進捗状況の画面より 確認することができます。

価格が変動し、これにより注文のコンポーネントの市場性がなくなった場合には、このコンポーネントが回復するまで注文全体が待ちます。注文のコンポーネントを変更することはできません。市場性のないコンポーネントがある場合にでも注文を有効にしておくためには、GTC(Good-Til-Canceled)を注文の有効期限として主要することができます。また、注文がキャンセルされた場合に再開されるように設定し、元のスケール注文に約定済みの利益確定注文の数量を復元することもできます。

注意点:

右上の表はこの注文タイプの特性に関する概要となります。チェックの入った機能はいくつかのコンビネーションに適用しますが、すべてのチェック入りの機能と組み合わせて使用できるわけではありません。例:オプション、株式、米国、米国外、スマートおよびダイレクトのすべてにチェックが入っている場合、すべての米国、米国外のスマート、ダイレクト注文がこの注文タイプで発注できるわけではありません。この場合、スマートルーティング米国株式、ダイレクトルーティング米国外株式、スマートルーティング米国オプションが取引可能となります。


取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
債券 米国商品 スマート アトリビューション
CFD 米国外商品 ダイレクト 注文タイプ
Forex 注文有効期限
先物 アルゴリズム
先物オプション
オプション
株式
ワラント債
利用可能な取引所を確認する|ユーザーガイドを開く

スケール注文ショートビデオ



取引例

スケール注文の例
最良気配: $1.66 - $1.68
合計の注文サイズ: 20,000株
スケールのコンポーネントサイズ: 2,000
価格の刻み幅: .01
初期価格: $1.67
注文有効期限: GTC

お客様の始値である$1.67の指値価格で、2,000株の最初のコンポーネントを買い注文として発注します。 このレベルで約定したら、次の指値注文が$1.66で発注され、この後も同じように続きます。注文の進歩状況は、各スケール注文がこのように直線的に約定されるかどうかに左右されます。

今度は買い注文ではなく、お客様の始値である$1.67の指値価格で、2,000株の最初のコンポーネントを売り注文として発注します。このレベルで約定したら、次の指値注文が$1.68で発注され、この後も同じように続きます。