機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

ストップ・リミット注文

ストップ・リミット注文はユーザー指定のストップ・トリガー価格に達した場合に、買いまたは売りの指値注文を発注する指示を出します。注文には2つの基本的な要素があります: ストップ(逆指値)価格およびリミット(指値)価格です。指定したストップ価格で取引が発生すると注文は約定可能の状態になり、指定した価格か、それよりも良い価格で銘柄を売買する指値注文として市場に出ます。

ストップ・リミット注文は、約定価格の保証ができない逆指値注文に伴うリスクをは無くしますが、逆指値価格に達しても注文が約定しないというリスクが伴うため、完全に機会を失う可能性もあります。


弊社では特定の注文タイプをシミュレーションし、市場性が出てきた時点で取引所に発注することができます。 取引可能の取引所のリストは弊社のウェブサイトよりご確認ください。各取引所へのリンクページには、拡張できる「注文タイプ」の項目が含まれており、各取引所のサポートする注文タイプを利用して発注される注文のタイプ、および各取引所向けに弊社がシミュレーションする注文のタイプがリストにされています。取引可能の取引所のリストをご覧ください。

弊社のシミュレーションするストップ・リミット注文をご利用いただく際には、デフォルト設定になっているトリガー方法、もしくはご自身のトリガー方法を設定してご利用いただくことができます。ストップ・リミット注文用の弊社のデフォルト設定のトリガー方法は、商品の種類(株式、オプション、先物など)によって異なる可能性があることをご了承ください。

特定のストップ・リミット注文用にトリガー方法を変更するには、注文の事前設定内にある「トリガー・メソッド」の欄にアクセスしてください。すべてのストップ・リミット注文のデフォルトによるトリガー方法を変更する場合には、トレーダー・ワークステーションの取引画面にある「編集」メニューを選択した上で、TWSグローバル設定メニューより「トリガー・メソッド」のドロップダウン・リストを選択してください各商品タイプ用にデフォルト設定されているトリガー方法、またトリガー方法の変更の仕方に関する詳細は、 こちらより、TWSユーザーガイド内の「ストップ・トリガー・メソッドの変更」項目をご確認ください。

取引可能商品 利用可能銘柄 ルーティング TWS
CFD ストップ・リミット注文 米国商品 ストップ・リミット注文 スマート ストップ・リミット注文 アトリビューション ストップ・リミット注文
EFP ストップ・リミット注文 米国外商品 ストップ・リミット注文 ダイレクト ストップ・リミット注文 注文タイプ ストップ・リミット注文
Forex 注文有効期限
先物
先物オプション
オプション
株式
ワラント債
利用可能な取引所を確認する|ユーザーガイドを開く

注意点:

右上の表はこの注文タイプの特性に関する概要となります。チェックの入った機能はいくつかのコンビネーションに適用しますが、すべてのチェック入りの機能と組み合わせて使用できるわけではありません。例:オプション、株式、米国、米国外、スマートおよびダイレクトのすべてにチェックが入っている場合、すべての米国、米国外のスマート、ダイレクト注文がこの注文タイプで発注できるわけではありません。この場合、スマートルーティング米国株式、ダイレクトルーティング米国外株式、スマートルーティング米国オプションが取引可能となります。



ストップおよびストップ・リミット注文ショートビデオ



その他のショートビデオはIBショートビデオ、コース&ツアーをご覧ください

モザイク例

ここではティッカーBACを99,000株、ショート・ポジションとして保有し、資本の維持を目的として注文を出しつつも、買戻しの価格は制限 したいとします。ストップ・リミット注文タイプを使うことにより、事前指定されたレベルでのストップをトリガーし、 さらにティッカーBACを買い戻す価格に上限を設けることができます。これによる欠点もまたあります。変化の速いマーケットにおいてはストップが買い注文をトリガーすることもありますが、注文全部が約定する前に株価が指値価格を超えて変動することもあります。

仮定
BUY
数量 99,000
注文タイプ STP LMT
市場価格 15.72
ストップ価格 15.80
指値価格 15.84
売りのストップ・リミット注文

注文入力パネルにティッカーを入力し、BUYボタンを選択します。既存のポジションが自動的に表示されます。このポジションの欄をクリックすると、数量の欄が自動的に入力されます。次に注文タイプのドロップダウンからSTP LMTを選択し、取引が約定し始めるストップ価格を入力します。リミット欄を利用して、この買い逆指値に希望する最高額を入力します。有効期限の欄にDAYまたはGTCを選択し、この後送信ボタンをクリックして注文を発注します。

クラシックTWS例

売りのストップ・リミット注文

注文タイプの詳細 - 売りのストップ・リミット注文

ステップ 1 – 売りのストップ・リミット注文の入力

XYZ株を200株、平均価格14.95(購入価格)で保有しています。この200株の売却を希望していますが、ロスは$190.00に制限したいと思っています。この場合、ストップ価格14.10、リミット価格14.00のストップ・リミット注文を作成します。XYZ株の価格が14.10に下がった場合、200株を14.00で売却する指値注文が14.10の価格でトリガーされます。


ステップ 2 – 注文の発注

売りのストップ・リミット注文が送信されました。XYZの価格がストップ価格の14.10まで下がった場合には、14.00のリミット価格で200株売却する指値注文が発注されます。

仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格(ビッド価格) 14.20
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00

ステップ 3 – 市場価格がストップ価格まで下がり、リミット注文がトリガーされる

XYZの価格が下がり、14.10のストップ価格に到達します。 200株を14.00またはそれ以上で売却する指値注文がすぐに発注されます。動きの速いマーケットでは、XYZの価格が14.00の指値価格まで素早く下がってこの価格で約定する可能性もあります。動きの速くないマーケットにおいては、14.00より良いストップ価格の14.10で約定する可能性もあります。

仮定
平均価格 14.95
SELL
数量 200
注文タイプ STP LMT
市場価格 14.10
ストップ価格 14.10
指値価格 14.00
注意点:

弊社では以下のデフォルト・トリガー付きのストップ注文をシミュレーションする可能性があります:

  • 直近の取引価格がストップ価格以下または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット売り注文は、指値注文になります。
  • 直近の取引価格がストップ価格以上または同額の、シミュレーションされたストップ・リミット買い注文は、指値注文になります。

別の指定をしない限り、株用のシミュレーションされたストップ・リミット注文は、NYSEの通常取引時間(米国東部標準時において月曜から金曜の9:30 a.m. から4 p.m.まで)の間のみトリガーされます。弊社のデフォルト設定のトリガー方法には、取引する商品タイプにより変わる追加条件があります。デフォルト設定のトリガー方法の変更の仕方を含め、弊社のトリガー方法に関する詳細は、TWSユーザーガイド内のトリガー・メソッドの項目をご覧ください。

個別株先物を除き、米国先物コントラクト用にシミュレーションされたストップ・リミット注文は、別の指定がなり限り通常の取引時間内にトリガーされます。通常取引時間は有効時間欄の時計にマウスをかざすか、コントラクト詳細の画面より確認することができます。

通常の取引時間以降に作成されたクオートは、時間内に作成されたものとかなり異なる可能性があります。NYSEの通常時間外にトリガーされ、ビッド/アスクを設定するトリガー・メソッドで設定されているストップ注文は、流動性のない市場および/または幅の広いビッド/アスクスプレッドにおいてトリガーされる可能性があります。

IDEMに発注されるストップ・リミット注文は、取引所によって可能とされる数量まで約定します。注文の約定しない部分はキャンセルされます。

米国先物用のストップ・リミット注文に関する注意および詳細はこちらをクリックしてください。