税情報と報告

初期の申請とデータ収集


米国国籍、グリーンカード、およびその他の法的居住許可証を保有されている方はIRSより米国人として認識され、Form W-9の提出が必要となります。また口座開設の際に納税者番号および証明書が必要となります。米国内に設立されている法人および事業も米国人として認識されます。個人のお客様は社会保障番号(SSN)が必要となります。法人のお客様は雇用者ID番号(EIN)が必要となります。

米国に居住されている外国人のお客様は、Form W-9の提出および社会保障番号(SSN)が必要となります。次の内容のいずれかに該当する場合、外国人のお客様も米国居住者としてみなされます:永住権(グリーンカード)を保有されている、移民でない居住許可があるビザを保有し一定の期間以上米国に居住されている、もしくはSubstantial Presenceに該当する。詳細はIRSのPublication 519(外国人の米国での納税についてのガイドライン)をご参照ください。

通常、米国人または米国法人のお客様の口座からは源泉徴収はありませんが、IRSの判断によっては、米国個人または米国法人のお客様の口座の配当金などに源泉徴収が要求されることがあります。


注意点:

IRS Circular 230に関する通知: これらのステートメントは情報提供のみを目的とし、税制上のアドバイスや連邦税、州税、その他の地域の税制罰則や規制罰則体側のために提供されるものではありません。