税情報と報告

ウォッシュセール: 概況


ウォッシュセール規制とは、納税者が含み損となっている有価証券を売却し、またすぐに同じ物またはこれに相当する有価証券を買い戻す際の控除を延期させるために実施されました。トレーダーが含み損のある株式や有価証券を売却し、61日のウォッシュセール期間内に同じ物、またはこれに相当する株式や有価証券を買い戻す場合、これは「ウォッシュセール」になります。ウォッシュセール期間には売却前の30暦日、売却日、および売却後の30暦日が含まれます。

売却による損失が繰り延べられると、損失額はウォッシュセール期間中に購入された株式の原価に追加されます(代替株式)。代替株式の売却が行われると、認可されない損失は代替株式の損益計算に組み込まれて認識されます。また元の株式の保留期間は、新しく取得された株式または有価証券の保留期間に追加されます。

ウォッシュセール規制は空売り、有価証券オプションおよび有価証券先物からの損失に対して適用されます。コモディティ・コントラクトや外国為替からの損失には適用されません。


ウォッシュセールおよびアクティビティ・ステートメント

弊社では米国国税庁に義務付けられるよう、すべての1099資格のある口座に対して日次、月次および年間アクティビティ・ステートメントにウォッシュセールを表記します。弊社のウォッシュセールは、株式が実際にシステム上で取引されるベースで細かく計算されるため、複数のウォッシュセールの最終的な影響が、1日の終わり時点でゼロになることもあります。年度末に関しましてはタイミングにより、年次ステートメントに反映されないこともあります。




ウォッシュセールに関する納税レポート


2011年以降、ウォッシュセール規制により認可されない損失は、2011年1月1日以降に売買された有価証券に関してIRSに報告されます。詳細は1099B報告および8949フォームに関する項目をご参照ください。




取引例


以下は最終取引の購入日のみが異なる取引の流れを例にしたものです。取引によってはウォッシュセールとなり、ならないものはなりません。この例では認可されない損失が、どのように新しく購入された代替株式の原価に追加されるかも見ることができます。



ウォッシュセールに関する規則


注意点:

IRS Circular 230に関する通知: これらのステートメントは情報提供のみを目的とし、税制上のアドバイスや連邦税、州税、その他の地域の税制罰則や規制罰則体側のために提供されるものではありません。