機関投資家のお客様は以下をクリックしてRIA、ヘッジファンド、コンプライアンス・オフィサーなどの詳細をご確認ください。

Econoday

Econoday


インタラクティブ・ブローカーズでEconodayをご利用ください

Econodayはモバイル用TWSのみでご利用可能です。ご購読の必要はありません。
>

スマートな投資家のためのスマートなカレンダー

金融市場での取引は簡単ではありませんが、市場に影響を与える要因を理解することによって不確実性を最小限に抑えることができます。EconodayのGlobal Premier Calendarがまさにここで役立ちます。

カレンダーは経済イベントを記載しているだけでなく、投資家が投資決断をスマートに行うための取引ツールでもあります。

提供サービス:

  • 経済指数や市場への影響に関する分野で各自30年以上の経験を持つベテランエコノミストによる偏見のない市場分析です。専門用語は必要としません。
  • データをどう理解するかが問題となる分野において、Econoday Researchのエキスパートが投資家に発表されるデータより重要なものを素早く検出します。
  • データは過去にリリースされたものや修正済みのもの、コンセンサスおよび実際のデータ含みます。Econoday調査に参加する世界中のエコノミストから集まる予想を元に、最大限の結果を目指して独自の意見をアクティブに管理します。
  • 主要なイベントは投資家に分かりやすいようにランクが付きます。
  • 通知には経済指数のリリースや、中央銀行による報告や議事録、また市場変動に関わる予定外のイベントなどが含まれます。デイリーやウィークリーの記事は、株式や債券、通貨に関するアップデートなど、一般的な市場のアクティビティを幅広くカバーしています。
  • 米国、オーストラリア、カナダ、中国、ユーロ圏、フランス、ドイツ、香港、イタリア、日本、ニュージーランド、シンガポール、スイス、ならびに英国でのイベントをカバーしています。
  • イベントデータや分析、また今日の市場トレンドの理解に役立つデイリー/ウィークリーの記事を含め、2001年まで遡るEconodayの資料にすぐにアクセスできるようになります。
  • インタラクティブなチャートがデータの時系列を示し、チャート上の日付にカーソルをあてると実際のデータとコンセンサスが表示されます。必要な日付をクリックしてください。その日の指標レポートに簡単にアクセスすることができます。
  • デイリー、ウィークリーまたはマンスリーのイベントの表示方法を含め、表示用のオプションを利用して、取引チャンスの最大化を望むことができます。
  • フィルターにかけて特定の国をハイライトしたり、カレンダーのサイズを自分の好みに変えることもできます。
  • Econoday Unpluggedはエコノミストが市場の現在の問題を議論する、ウィークリーのポッドキャストです。

Econoday: Econodayは25年以上にわたって経済データと分析を投資コミュニティに提供してきました。ユーザーはBloomberg、Dow Jones、Nasdaq、Fidelity、TD Ameritrade、CME、ICE、Bank of Americaなどを含める世界の主要な金融機関です。Econodayでは経済指数や発表が市場アクティビティにどう関連するかをより良く理解することによって、情報に基いた投資決定につなげることを目的として、実際の出版物とデジタル商品の両方を作成しています。売買の決断をする前に経済的展望を考慮することによって、戦略的な利益が期待できます。


ウェブサイトへ