IBについて

お口座開設に関するFAQ


お申し込みからお取引開始までの流れについてはこちらをご確認下さい。

オンラインのお申し込み後に以下の書類のご提出をお願い致します。

日本国内口座(IBSJ口座)へ個人でお申し込みの場合こちらをご確認下さい。 *マイナンバーのご提出が必須です。

米国法人(IBLLC口座)へ個人でお申し込みの場合こちらをご確認下さい。 マイナンバーのご提出は不要です。

米国法人(IBLLC口座)へ法人でお申し込みの場合こちらをご確認下さい。

IBSJ口座へお申し込みの際の入力方法はこちらのリンクをご確認下さい。

弊社は「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に定める報告金融機関のため、お客様が弊社国内口座において金融取引を行われる場合、“特定取引を行う者の届出書”の提出をご提出頂く必要がありますが、弊社では、この後のオンライン申込書内に必要項目を入力の上、口座開設を申請されることを以って、当該届出書の提出と同様の効力を持つこととなります。なお、弊社の国内口座開設の流れの中で、一旦W-8フォームにお客様のご申請内容を表示の上、これをご確認いただくプロセスがありますが、これは、当該届出書の内容確認のためであり、W-8フォームが実際に社外に提供されることはありません。また、居住国が一定の国のお客様につきましては、同法上、口座残高等の情報を所轄税務署長に報告することが義務付けられております。予めご了承下さい。“特定取引を行う者の届出書”についてはこちらをご確認下さい。

可能で御座います。オンラインお申し込み途中で“2口座同時に申し込む“をご選択下さい。 各口座はまったく別管理の口座の為、2回の入金が必要となります。

国内口座(IBSJ口座)では日本国内の上場商品及びIB日本株CFDがご利用頂けます。海外口座(IBLLC口座)ではFXを含む海外上場商品がお取引頂けますが、日本国内の商品は日本の居住者様はお取引頂けません。IBSJ口座とIBLLC口座間での資金移動は出来ませんので予めご了承下さい。

初回のご入金として、IBSJ口座では100万円が必要です。IBLLC口座では1万ドル相当額のご入金が必要です。IBLLC口座では外為円決済(海外送金扱い)にて日本円のご入金もお受けしております。尚、同等額の株の入庫を以ってお口座開設を行って頂くことも可能ですが、4ヶ月目以降に取引がない場合には10ドル相当額の口座維持手数料が発生しますのでご注意下さい。

日本国内にお住まいのお客様が個人口座でIBLLC口座をご利用頂く場合には、金先物、原油先物、その他農作物等の商品先物及び先物オプションに該当する商品はお取引頂けませんので予めご了承下さい。

改正犯罪収益移転防止法が2016年10月1日に施行されることに伴い、下記に定める「外国PEPs」に該当するお客様は、同日以降弊社IBSJ(インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社)に取引口座を開設することが出来なくなりました。「外国PEPs」に該当しないお客様のみ、「上記を確認して~」ボタンより口座開設画面にお進みください(お客様が口座開設画面にお進みになった時点で、お客様より「外国PEPs」に該当しない旨ご回答を得たものと看做されます。)。 外国PEPs: 外国において、元首や日本における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣、最高裁判所の裁判官、統合幕僚長・統合幕僚副長、陸・海・空の幕僚長・幕僚副長に相当する職、中央銀行の役員の職などにある人(①過去にそうであった人、②これらの人の家族含む)※お客様の側で外国PEPsに該当するか否かの判断が難しい場合は、弊社までご一報ください。

国内上場金融商品取引口座(IBSJ口座)に関するFAQ


当社は米国インタラクティブ・ブローカーズグループの日本法人です。IBSJは日本国内で登録された日本証券業協会加盟の日本の証券会社です。

インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社は「日本投資者保護基金」に加盟しております。また、お客様からお預かりする有価証券や預り金について、法令に従い「分別保管」を行っています。証券会社が倒産した場合でも、この分別保管によりお預かりした資産はお客様に返還されることとなります。IBLLC口座の投資家保護についてはこちらをご確認下さい。

入金先は異なりますのでご注意下さい。日本国内の銀行よりIBSJ口座へのご入金は国内送金で可能ですが、IBLLC口座への送金は海外送金となります。尚、IBSJ口座とIBLLC口座間の資金移動はできませんのでご注意下さい。

IBSJ口座とIBLLC口座間の資金移動はできません。アカウントマネジメントより、事前入金通知を作成し、入金先をご確認下さい。IBSJ口座とIBLLC口座を同時開設されたお客様は、ご入金される口座番号を選択した後に事前入金通知を作成してください。ご入金の際は、ご注意下さい。

オンライン申し込みが完了し、及び本人確認書類受領後、約3-5営業日でお口座の準備が承認されます。

お客様のお口座に着金後、一日経ちますとお口座が有効となりお取引が可能となります。尚、お口座には各金融商品のお取引権限が必要となりますので、アカウントマネジメント>口座管理>取引にかかる設定>取引許可よりご確認下さい。

弊社では、入金後3営業日(米国東部時間基準)の間は出金制限がございますのでご注意下さい。

取引商品によって決済に必要な日数が異なります。弊社では、通常、決済日(米国東部時間基準)+1営業日後に、ご出金が可能となります。

株式会社、有限会社等の法人口座を開設出来ます。詳しくは営業開発部までお問い合わせ下さい。
( 担当:角丸 / Tel: 03-4588-9707 / Email: mkakumaru@interactivebrokers.com

審査の上、ご案内いたします。詳しくは営業開発部にお問い合わせ下さい。
( 担当:角丸 / Tel: 03-4588-9707 / Email: mkakumaru@interactivebrokers.com

当社では、一般口座のみのご提供となっております。その為、ご自身でお取引の損益を計算し、確定申告を行っていただきます。

他社からの日本株の移管も受け付けております。口座開設後にマニュアルでお受けする形となります。アカウント・マネジメントのメッセージセンターよりご依頼下さい。外国株の移管につきましてはアカウント・マネジメント、入金・出金より、ポジション移管のメニューから申し受けております。

クイック入金のサービスは弊社では行っておりません。お客様負担で銀行振り込みをお願いしております。

サポートは日本語および英語でご対応しております。

IBSJ口座: 申告分離課税で雑所得となります。
海外口座(IBLLC): 海外口座で有る事、諸条件により異なりますので税理士とご相談いただく事をお勧めします。
口座管理ページのステートメントより年次のステートメントを取得しご自身で確定申告を行って頂く形となります。税務に関するアドバイス等は一切行っておりません。

原則、売り買いとも証拠金の範囲内で無制限でお取引いただけます。
500枚以上ご希望の方は弊社カスタマーサービスにご連絡下さい。

必要証拠金額は基本SPAN x 125%で設定しています、詳細は 「証拠金について」 でご確認下さい。

最低取引手数料、マーケットデータ費用等御座います。
詳細はこちらをご参照下さい。

可能です。APIの公開はこちらをご覧下さい。
http://www.interactivebrokers.co.jp/en/pagemap/pagemap_APISolutions.php?ib_entity=jp
接続可能な他社ベンダーソフトはこちらをご覧下さい。
(IBSJでは他社ソフトのサポートは行っておりません。詳細は各ベンダー様へお問い合わせ下さい)
http://www.interactivebrokers.co.jp/en/general/poll/ibconsultants.php?ib_entity=jp

初回は無料で出金できますが、以降30日以内の2回目以降は1600円/1回頂戴しております。

基本的に、最初の割引レベルに到達しない場合、FLATをご選択された方が安価に設定しておりますが、市場や商品により細かく設定しておりますので詳細はご自身でご確認下さい。

当社は、手数料内訳の公開を始め透明性の高いビジネスを目指しております。マーケットデータ料をそのままお客様に負担して頂いております。トレード頻度が高い場合、取引手数料のボリューム割引と勘案してトータル執行コストが下がります。現在個人のお客様からは月額300円(東証)並びに月額200円(大証)を頂戴しております。

お客様の開発環境や接続環境をお伺いしますので、営業開発部にお問い合わせ下さい。

当社ではアクティブにお取引いただく場合は、業界平均より低コストでお取引が可能となりますが、お取引が無い場合にも最低月額手数料が発生します。最低月額手数料とは当社にお支払い頂く取引手数料の合計が基準値以下の場合にも最低額を頂戴するものです。現在、月額USD10ドル相当分を頂戴しております。 例)ひと月に225先物を2枚取引した場合、FLATレートでは800円の手数料が発生します。最低手数料が800円(USD1=80円仮定)であり最低額を満たしている為、更なる手数料は発生いたしません。また、本最低手数料は、当社取引端末に慣れて頂く3ヶ月間は適用されません。

制限値段(ストップ高、ストップ安)で当日の終値を決定する場合、注文状況によっては通常の板寄せとは異なる方法(ストップ配分)にて売買が成立します。ストップ配分の際は、板寄せ方法に準じた順位で各取引参加者単位に売買が成立します。インタラクティブ・ブローカーズ証券では、東証から配分された結果をもとに、価格優先の原則に従いお客様へ配分いたします。値段・執行条件が同じ場合、受付時間の早い注文が優先されます。

東証の株オプおよびJGB先物オプションは権利行使がされますと、原資産である株またはJGBオプションの受け渡しが発生する商品になります。
満期日にイン・ザ・マネーのオプションは自動権利行使され、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションは権利が消滅します。
なお、イン・ザ・マネーのオプションの権利放棄、またはアウト・オブ・ザ・マネーのオプションの権利行使をされる場合は、以下の方法により受付期限内に申請を行ってください。

商品 権利行使スタイル 受付期限 権利行使・放棄の方法
株オプ(東証) ヨーロピアン 満期日 15:40 JST ウェブチケット送信 + 電話連絡
JGB先物オプション(東証) アメリカン 満期日 15:30 JST ウェブチケット送信 + 電話連絡
 

※ウェブチケットの作成方法は、以下ユーザーガイドの16ページ目をご参照ください。
http://www.interactivebrokers.co.jp/jp/general/education/jpUserGuides.php?ib_entity=jp
カテゴリーは「Account Services(口座サービス)」→「Corporate Actions/ Dividends(コーポレートアクション)」をご選択の上、ウェブチケットを送信してください。
ウェブチケットを送信された後、必ず受付期限内にカスタマーサービスまでお電話ください。

決済建玉を指定する機能はございません。TWS 上で表示可能な実現損益は保有建玉の平均取得価格を基に計算されておりますが、取引報告書(アクティビティステートメント)上では先入先出法に基づき実現損益が算出されます。なお、現時点ではデリバティブ商品に対し算出方式を変更する機能はございません。

単一口座内で同銘柄のポジションを両建てすることはできません。
買建玉を保有している時に売注文を出されますと、自動的に決済注文として受け付けられますのでご注意ください。また、売りと買いの注文を同時に出すクロス取引についても、発注中の注文と売買が成立してしまう可能性がある場合には、仮装売買防止の観点から、発注中の注文が約定するまで反対売買注文は受け付けられません。

 

海外上場金融商品取引口座(IBLLC口座)に関するFAQ


オンラインお申し込みご入力の際にご利用下さい。

会長 Chairman of the board 相談役 Senior Adviser 社長 President 副社長 Vice President 専務取締役 Senior Managing Director 常務取締役 Managing Director 監査役 Auditor 部長・本部長 General Manager 次長 Deputy Manager 係長 Sub section Chief 主任 Senior Staff 社員 Staff・Member

E-Trade、TD Ameritrade、Charles Schwabのみならず米国の証券会社約100社以上からのポジション移管をWEBから手続きが行えます。現在以下3つの方法で他社証券会社からインタラクティブ・ブローカーズLLCにご入金・移管が可能となっております。


1. ACATSシステム経由

米国のブローカー同士であればご利用いただけます。

口座開設後アカウントマネジメントより移管のリクエストを出す、またはオンライン申込書内でリクエストを出す方法

  1. 事前入金通知より「米国ブローカーとのACATS」を選択します。
  2. 移管方法より「ACATS - US Broker Transfer」を選択します。
  3. タイプより「Full(全資産)」を選択します。
    Partial(一部)を選択された場合は、次のページで移管されたい資産を選択する画面が表示されます。
  4. 相手ブローカーより移管元の米国ブローカーを選択します。
  5. 移管元ブローカーにお持ちの口座情報を入力します。
  6. 移管する資産に関係する質問に回答し、画面下の「次に進む」ボタンをクリックします。
  7. ご署名を入力し、画面下の「次に進む」ボタンをクリックします。
  8. 確認番号がご登録のメールアドレスに送信されますので、確認番号を入力してください。
  9. 内容をご確認いただき、「次に進む」をクリックして完了となります。

銀行経由、現金による入金

他社でのポジションが全て現金である場合は、一度、お客様の銀行口座に出金をし、弊社に再度銀行送金する方法。米国内ブローカーであればACATS経由でも送金を行うことができます。


ブローカーワイヤー

証券会社間で現金の電子送金を行う方法です。この方法では、他の証券会社に保有されている現金をインタラクティブ・ブローカーズLLCに直接入金することができます。事前入金通知より「Wire(銀行送金)」をご選択の上、入金通知を行ってください。送金先の口座情報とお客様のIB口座番号を相手ブローカーにお伝えただき、その内容で送金を行うよう指示を出してください。


【ご入金について】
ご入金の際は、アカウント・マネジメントより入金通知を行い、通貨毎に表示される振込先に指定された金額でご送金下さい。日本円でIBLLC口座へ送金される場合は必ず海外送金扱い(外為円決済)でお送り頂く必要がございます。また、送金の際にはUからはじまる口座番号の記載をお願い致します。同一名義の銀行口座のみ入金が可能です。送金元金融機関での送金手数料に関しましてはお客様のご負担となりますが、受取側で発生する支払銀行手数料(Paying Bank's Charge)に関しましては受取人の負担(PAYEE)でお送り頂きますと弊社の負担となります。誤って依頼人負担(Applicant)を設定された場合には弊社では返金処理を行うことが出来ませんのでご注意下さい。送金手数料については、銀行により金額が異なります。詳細につきましてはお客様の銀行の海外送金窓口にお問い合わせ下さい。個人のお客様はみずほ銀行からは銀行側の制限により送金が出来ません。

また、現金を銀行の支店にお持ち頂いて送金される方法は「現金の持ち込みによる入金」として認識されており、弊社では返金先が不明な為、お受けすることが出来ません。以下のページの注記欄に記載の通り、「現金の持ち込みによる入金」をやむを得ず受け付けた場合には入金額の1%(最低額50ドル)がハンドリング・フィーとして発生致しますのでご注意下さい。詳細は

こちらをご確認下さい。

【ご出金について】
弊社への登録を同一の銀行口座へのみ出金をお受け致します。初回の出勤手数料は金額に関わらず無料ですが、受取銀行側でリフティング・チャージが発生する場合がございます。30日間で二度目以降のご出金に関しては、通貨毎に(日本円:1,600円、米ドル:10ドル等)別途費用を頂戴しております。

はい。IBLLC口座への入金は必ず海外送金でご対応頂く必要がございます。送金通貨はJPY、USD、EUR、HKD、SGD、AUD他の外貨入金が可能です。 各通貨毎に送金先銀行口座が違いますで、入金通知を作成し画面上でご確認ください。日本国内の銀行から日本円をお送り頂く場合には海外送金(外為円決済)にてご対応下さい。誤って通常のATM等で振込をされますと組み戻しの必要がございますのでご注意下さい。

通常、銀行の海外送金の窓口にて外為円決済として送金をお願い致します。通常の振込では受け付けられません。外国送金依頼書の受取人記載欄・または追記電信欄にお客様のIB証券口座(UXXXXXXXX)を記入して送金して下さい。

アカウント・マネジメントの入金・出金→入金・出金のメニューより通知が作成できます。以下のクイックユーザーガイドもご参照ください。
http://www.interactivebrokers.co.jp/download/jpGuide-AcctMgmt.pdf

IB-LLC口座(海外)はFXを含む海外の商品をお取引頂く口座です。
IBSJ 口座(国内)は東京証券取引所、大阪証券取引所、チャイエックスジャパンに上場されている金融商品及び日本株式CFDのお取引が可能です。

可能で御座います。オンラインお申し込み途中で“2口座同時に申し込む“をご選択下さい。 各口座はまったく別管理の口座の為、2回の入金が必要となります。

IBSJ口座は、日本の口座、IBLLC口座は米国の口座となり、入金先は異なります。日本国内の銀行よりIBSJ口座へのご入金は国内送金で可能ですが、IBLLC口座への送金は必ず海外送金(外為円決済扱い)となります。尚、IBSJ口座とIBLLC口座間の資金移動はできませんので、ご注意下さい。

IBSJ口座とIBLLC口座間の資金移動はできませんので予めご了承下さい。

オンライン申し込みの完了、及び本人確認書類受領後、約3-5営業日でお口座の準備が完了します。

お客様のお口座に着金後、一日経ちますとお口座が有効となりお取引が可能となります。尚、お口座には各金融商品のお取引権限が必要となりますので、アカウントマネジメント>口座管理>取引にかかる設定>取引許可よりご確認下さい。

弊社では、入金後3営業日の間は(米国東部時間基準)、ご出金が出来ません。予めご了承下さい。

取引商品によって決済に必要な日数が異なります。弊社では、通常、決済日(米国東部時間基準)+1営業日後に、ご出金が可能となります。

日本に在住の個人のお客様は、海外の商品先物・オプション(原油・金銀・農作物等)の取引をご利用頂けません。別途法人口座では承っております。尚、指数先物、債券先物、通貨先物、及びオプションには制限はございません。